最近の航空券は安く手に入る!格安航空券のメリットと注意点まとめ

- なるべく支出を抑えて飛行機に乗る方法

なるべく支出を抑えて飛行機に乗る方法

国内を旅行や出張などで移動しようとした場合には、いろいろな手段が考えられます。
列車やバス、クルマ、船、そして飛行機が挙げられるかと思いますが、出張の場合にはバスや船は時間が掛かることからちょっと考えにくいですよね。
旅行であれば選択肢も多くなるのですが、やはり現地で過ごす時間をできるだけたくさん取りたいと思うなら列車、それも新幹線、もしくは飛行機がおすすめです。

航空券は安く手に入れられる

しかし、飛行機移動は他の移動手段と比べてお金が掛かるというイメージを持っている人も少なくないようです。
外国へ行くには飛行機か船しか方法がないので仕方ないのですが、国内ならいろいろな手段があるだけに少々移動時間は短くても高い飛行機は避けたいと考える人がいても不思議はないでしょう。
ところが近年は以前に比べると安く飛行機が利用できるようになってきているのです。
航空券の入手方法によっては新幹線やバスなどよりも安く飛行機に乗れる場合もあるほどです。
ここで、そんな格安航空券の入手方法をいくつか紹介しましょう。

早期予約購入割引を利用しよう

まず最近の格安航空券の主な入手方法として挙げられるのが、早期予約購入割引のサービスを利用することです。
これは一般の航空会社が提供しているもので、航空会社によって「特割」や「先得」などと呼び方は異なりますが「いわゆる「早割」といわれるチケットです。
搭乗日よりもなるべく早くに航空券を予約・購入することで、通常運賃よりも大幅な値引きを受けることができます。
半額程度は当たり前、中には80パーセント程度の激安な料金で航空チケットを手に入れることもできるのです。
フライトの2カ月前くらいから販売することが多く、一般的には28日前までに購入するとかなり大幅な割引が受けられます。

注意点も把握しておく必要あり

ただし、早期予約購入割引はすべての路線、時期に提供しているわけではないことやさまざまな規制やルールがあることもしておく必要があります。
たとえば、予約の変更は基本的にできないので変更をするのであれば一旦予約をキャンセルして、新たに別の便を予約し直さなければなりません。
ところがこのキャンセル料が非常に割高で、チケット代金の半分くらいを支払わなければならない場合もあります。
したがって、予定が確定してからでないと手配しづらいという点は留意しておく必要があるでしょう。
また、年末年始やゴールデンウイーク、お盆といった繁忙期には売り出すとすぐに売り切れてしまうのでとにかく早く予約しなければならないことも要注意です。

宿泊と航空券をセットで購入する

日帰りで飛行機を利用するのでないなら、宿泊と航空券をセットで購入する「ダイナミックパッケージ」もいいでしょう。
多くの航空会社でこういったプランを提供しており、ホテルと航空券を別々に手配するよりもセットで予約したほうがそれぞれの合計の支払いが安くなるようになっています。
また、旅行会社でもよく似たシチュエーションとして「フリーツアー」があります。
これも宿泊と航空券をまとめて販売しており、格安な金額で宿泊施設も飛行機も利用できます。
いずれも基本的な宿やフライトは決定しているのですが、追加料金を支払えば別の宿やフライトを選択することもできるものが大半です。

LCCも人気

格安航空券を手に入れる方法ではありませんが、安く飛行機を利用したいというのであれば、近年人気上昇中なのがLCCの利用です。
LCCは格安航空会社のことで、一般的な航空会社よりもかなり安く飛行機に乗ることができます。
座席間隔が狭い、機内食やドリンク、機内預け荷物などが有料、機内エンタメがないことなどを問題点と感じる人も少なくないようですが、とにかく安く飛行機に乗りたいというのであればLCCは最も最適な手段といえるでしょう。