最近の航空券は安く手に入る!格安航空券のメリットと注意点まとめ

- 「早割」を利用する際に知っておくべきこと

「早割」を利用する際に知っておくべきこと

どうせ国内を飛行機で移動するなら、なるべく出費は抑えたいのは当然でしょう。
近年はLCCを利用する人も増え、以前と比較するとかなり安く飛行機が利用できるようになりました。
しかし、確かにLCCは運賃が安いのが最大のメリットなのですが快適さという点においては一般の航空会社のほうに軍配が上がります。
では、快適さを提供する一般の航空会社の飛行機をお得に利用する方法はないものなのでしょうか。

早割でお得に航空券を手に入れる

そのひとつの方法が「早割」サービスを利用することです。
早割とは搭乗日よりも早めに予約・購入することで、大幅な割引価格で格安航空券が手に入るというサービスです。
このサービスは国内の一般の航空会社の多くが提供しており、通常運賃の半額はおろか路線や時期によっては80パーセント以上という割引運賃で格安航空券を購入できるケースもあります。
基本的には2カ月くらい前から予約・購入ができるようになっています。

早割は設定がなかったり座席数が少ない

このように非常に安い金額で航空券が手に入る点が大きなメリットである早期予約購入割引ですが、いろいろと注意が必要な点もあります。
それを知らずに購入して、のちにトラブルや想定外のことになる場合もあるので要注意です。
そのひとつが、路線や便、時期によっては早割の設定がないという点です
人気の高い路線や期間は航空券を安く売らなくても多くの利用者がいるためにわざわざ早割を実施しないので、自分の希望する路線や期間に早割設定があるかどうかを確認しておく必要があります。
また、早割で提供する座席数は多くないので、すぐに売り切れてしまう可能性も少なくありません。

却って出費が増えるケースもある

早割の最大の問題点が、予約後の変更が不可であるということです。
予約を変更するのであれば、一旦その予約をキャンセルして、新たに別の便を予約し直さなければなりません。
そして、そのキャンセル料が航空券の代金の半額程度も掛かってしまうことも珍しくありません。
せっかく早割で格安運賃で航空券を購入できたと思っていたのに、予定の変更があったために多額のキャンセル料を払う羽目になってしまったということも起こりがちです。
したがって、早期予約購入割引チケットは予定が確定してから手配しないと却って損をしてしまう可能性があるというわけです。

早く購入することで割引率が高く格安に航空券が手に入る代わりに、こういったデメリットもある点をしっかり認識しておかなければなりません。
格安航空券が手に入るからと飛びついてしまっては、このようにのちに困ったことになる恐れもありますよ。