最近の航空券は安く手に入る!格安航空券のメリットと注意点まとめ

- デメリットも理解して早割を上手に利用しよう

デメリットも理解して早割を上手に利用しよう

現在、国内を飛行機で移動しようと思った場合に最もコストを抑えることができるのは、LCCを利用することでしょう。
LCCの運賃価格の安さは今や周知の事実で、中には新幹線どころかバスよりも安く利用できる激安な金額でのキャンペーンを実施していることもあるほどです。

早割サービスはお得だけれども…

ところが、実際にLCCを利用したことのある人の中には「次回は一般の航空会社を利用したい」という人も少なくありません。
というのもLCCには一般の航空会社とは異なる点が数多く、それをデメリットと感じるケースもあるからです。
たとえば、機内食やドリンクが有料、機内エンタメがない、機内預け荷物も有料、遅延や欠航が少なくない、などなど、料金が安いがゆえのマイナスポイントも多いといえるのです。
一般の航空会社でもLCCに対抗してユーザーのニーズに応えるための割引運賃サービスを実施しています。

その中で最も有効的に利用できるのが、早割システムといえるでしょう。
これは国内の航空会社によって呼称が異なりますが、いずれも搭乗日まで日にちのある早い段階で予約・購入をすることで航空券の大幅割引が受けられるというものです。
路線や時期、航空会社ごとにさまざまな内容になっていますが、通常運賃の半額から80パーセント割引といった格安航空券を提供している場合もあります。
これはもうこのサービスを利用しない手はないという感じなのですが、実は格安な料金の代わりにいろいろと注意が必要なポイントがいくつかある点を知っておく必要もあるでしょう。

早割を利用する際の注意点

そのひとつが、早割航空券は予約後の変更が不可であるという点です。
変更をするのならば一旦キャンセルして新たに別の便を予約し直さなければなりません。
そしてその際のキャンセル料が非常に割高で、場合によっては購入運賃の半額を請求されることも珍しくありません。
せっかく格安航空券が手に入ったと思っていたのに、却って多くの支払いになってしまうこともあるというわけです。

また、すべての路線、時期に早割の設定がされているわけではないという点も注意しましょう。
したがって、自分の希望する路線、時期に早割があるかどうかを確認してから予定を立てる必要もあるでしょう。
さらに、早割が適用される座席数は決して多くはないので、売り出すとすぐに予約が入ってしまう恐れもあり、特に人気の高い路線や時期はなかなか座席が確保できないこともよくあります。
ですからなるべく早めの手配が必要なのですが、出発まで日にちがあるとなかなかきちんとした予定が立てづらく変更の可能性もあるかもしれません。
ところがそうなると予約してから変更といった事態になって多大なキャンセル料を支払わなければならないといった事態も起こりがちです。
格安な料金がためにこういったデメリットもあることを知っておかなければ、安いからと飛びついて予約・購入してしまってはのちのちのトラブルになるので注意しましょう。