最近の航空券は安く手に入る!格安航空券のメリットと注意点まとめ

- 格安運賃でJALに乗りたい人へ

格安運賃でJALに乗りたい人へ

ひと昔前までは国内の飛行機旅行は高くつくというイメージを持っていた人も少なくなかったかと思います。
しかし最近はLCCの台頭によって、安く飛行機を利用できるようになりましたし、LCCの利用者はうなぎのぼりに増加しています。
ところが、実際にLCCを利用した人の中には、やっぱり一般の航空会社の飛行機のほうがいいという人も少なくありません。

LCCは値段は安いけれども…

その理由として、サービスや対応などの「快適さ」を挙げるケースが多くみられます。
たとえば機内食やドリンク、機内持ち込み荷物などが有料であることや機内エンタメがないこと、そして座席間隔が狭いことなど思ったようなサービスが受けられないことをデメリットを感じる人も少なくないようです。
LCCの運賃が安いのはいいけれどもそれらの点に物足りなさを感じて、次回は一般の航空会社を利用したいと思う人も多いのです。
とはいえ、やはりなるべく出費は抑えたいと思うのが実際でしょう。
では、一般の航空会社の飛行機に安く乗る方法はないのでしょうか。

早期の予約購入でお得に

実は一般の航空会社でも格安航空券を販売しています。
それは「早期予約購入割引」というサービスで、搭乗日より早めに予約・購入することで通常運賃よりも格安な金額で航空券を購入できるのです。
ここでは国内でも有数のJALの早期予約購入割引について紹介しておきましょう。

JALの早期予約購入割引サービス

早期予約購入割引サービスは一般的には「早割」といった名称で呼ばれていますが航空会社によって呼び名は異なり、JALでは「先得」といいます。
この「先得」サービスはすべての路線や常時提供されているわけではありませんが、半額から中には80パーセント以上の割引価格で航空券が購入できるケースもあるのです。
基本的な先得サービスの予約は、搭乗日までの期間が75日前までの「ウルトラ先得」、55日前までの「スーパー先得」、45日前までの「先得割引タイプB」、そして28日前までの「先得割引タイプA」の4つがあります。
ウルトラ先得と先得割引タイプAとでは時期や路線などによって異なりますが、3,000円程度の違いのあるケースもあるので、なるべく早めに予約・購入するほうが格安航空券が手に入るというわけです。
先得でチケットを購入したからといって機内食やドリンクサービスがない、ランクの低い座席があてがわれるといったことはなく、通常運賃で購入した人と同じサービスを受けることができるのでお得です。

国内を快適に移動したい、でもなるべく支出は抑えたいというのであれば、こういった「早割」サービスを利用して格安航空券を手に入れるのもいいでしょう。